1. ホーム
  2. 診療部門
  3. 各科のご紹介|消化器内科
診療部門

各科のご紹介

消化器内科

担当医師 高木 敏
高木 敏 医師

消化器は、食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・肛門などの消化管の疾患をみます。
例えば、胃潰瘍、胃がん、十二指腸潰瘍、大腸がん、大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎、内痔核などの病気です。
それと、肝臓や膵臓の病気もみます。
代表的な病気は、慢性肝炎、アルコール性肝障害、脂肪肝膵炎、胆石症などです。
患者様は、腹痛、もたれ、胸やけ、胸がつかえる感じ、嘔吐、下痢、血便、黄疸、腹水、倦怠感、食欲不振、体重減少などを訴えて来ます。
朝、食事をしてこなければ、胃の内視鏡をします。
これは、ほとんど苦痛はなく正確な診断が出来ます。
その場で、テレビで食道や胃の中の所見を見ることが出来ます。
血便がある場合は、直腸鏡で肛門や直腸に出血源があるか観察します。
大腸の検査は、まず大腸の中を前日からきれいにして、当日バリウムを入れてレントゲンをとります。
必要なら次に内視鏡で検査します。
ポリープは、内視鏡検査をしながら取ることが出来ます。
肝臓や膵臓の検査は、超音波検査やCT検査を行います。
胆石や胆のうポリープは、お腹を開けないで内視鏡を入れて簡単に取ることが出来る様になりました。
(腹腔鏡下胆のう摘出術)